A:MOTHER AND CHILD RE-UNION / HORACE ANDY
B:LOVE AND POWER RE-UNION / WILDMAN JOHNSON
mother-and-child-reunion.jpg

1972
Matrix / DSR CN 6124
Label / SIGHT N SOUND
Producer / COXSONE DODD

ポール・サイモンの名曲を忠実にカヴァーした最高1枚。原曲を初めて聴いたときなんでこんなにレゲエにそっくりなんだろうと思ったら、それもそのはず、ポール・サイモンがサイモン&ガーファンクルを解散した後にジャマイカで録音した曲らしく、通りでレゲエっぽい訳です。レゲエには沢山の良質なカバー曲がありますがお気に入りの1枚。ホレス・アンディーの他にユニークスやジミー・ロンドンもカヴァーしていますがどれもいい感じです。裏面にはディージェイ・カットを収録。





MOTHER AND CHILD REUNION - PAUL SIMON

| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:ROSANNA / JACKIE OPEL
B:DARLING MY DARLING / JACKIE OPEL
reggae-rosanna.jpg

1963
Matrix / FLK 2407 3
Label / BEVERLEY'S RECORDS
Producer / LESLIE KONG

ジャッキー・オペルを語るときに必ず添えられるこれ以上ないくらいの賞賛の数々。聴けば誰しも納得する人を感動させる本当の名シンガーです。この曲は63年リリース、ジャッキーの初期作。男の哀愁漂う切ないラブソングです。これぞ、ジャマイカン・ソウル!



| CATEGORY : SKA / ROCKSTEADY |
A:CAN'T STOP RASTA NOW / RAS MIDAS
B:RAIN & FIRE / RAS MIDAS
cant-stop-rasta-now.jpg

1980
Matrix / WAR 138A
Label / WARRIOR RECORDS
Producer / HARRY J

ジャマイカのレイタウンや、日本のレゲエシーンでもプレイされるMCFADDEN & WHITEHEADの名曲『AIN'T NO STOPPIN US NOW』をレゲエカバー。ゆるめのディスコ調レゲエとなってます。サビでは『CAN'T STOP REGGAE MUSIC〜♪』とリリックもわかりやすくキャッチーです。フリップサイドはうって変わってディープ・ルーツを収録。





AIN'T NO STOPPIN US NOW - MCFADDEN & WHITEHEAD

| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
ADDIS A BABA / WILLIE WILLIAMS
addis-a-baba.jpg

1979
Matrix / DSR 9958
Label / STUDIO ONE
Producer / COXSONE DODD

COXSONEレーベルから65年にリリースされた名インスト『ADISS ABABA』のヴォーカル・ヴァージョン。スタジオ・ワン後期70'sによくあるSE入りでWILLIE WILLIAMSのヴォーカルも渋くてなかなかいい感じに仕上がってます。60's、70's好きどちらの人も気になるだろうレア盤です。


| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:RISE IN THE STRENGHT OF JAH / NORRIS REID
B:MINSTREL CHANT / AUGUSTUS PABLO
rise-in-the-strength-of-jah.jpg

1981
Matrix / XML 991
Label / ROCKERS
Producer / M LYNCH

NORRIS REIDのソロ作で、ロッカーズからリリースされた非常にタフなルーツ。文句なしにカッコいいです。NORRIS REIDがメンバーの一員であるVICEROYSの82年リリースアルバム『WE MUST UNITE』にも、テイク違いが収録されてます。



| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:BEHOLD THE LAND / JOSEPH HILL (CULTURE)
B:FULL DREAD / THE SKATALITES
behold-the-land.jpg

1972
Matrix / FCD 7977
Label / COXSONE
Producer / COXSONE DODD

『TWO SEVENS CLASH』,『JAH JAH SEE DEM A COME』等のフォンデーションでお馴染みCULTUREのリード・ヴォーカルJOSEPH HILLがコクソンの元で残したデビュー曲。曲調はほのぼのとしていてパンチはありませんが聴けば聴くほど良さが分かる素晴らしいルーツ・チューンです。このような曲は本当に和みます。フリップサイドには64年にROLAND & POWIEからリリースされた素晴らしいホーン・スカ・インストが収録されており、オリジナルではSKATALITES名義ではなくROLAND ALPHONSOでクレジットされています。




| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
WINSOME / ALTON ELLIS
winsome.jpg

1982
Matrix / DSR 5295
Label / VOLCANO
Producer / HENRY JUNJO LAWES
Riddim / HURTING ME

ジョンジョがプロデュースするヴォルケーノ・レーベルからのリリースで、アルトン・エリスがスタジオ・ワン時代に残した名曲「HURTING ME」のリメイク。ルーツラディックスが演奏する余分なモノなしのタイトなワンドロップに、アルトンのヴォーカルが映えます。やはり素晴らしいアーティストはいつの時代にもいい曲を残していますね。

| CATEGORY : DANCEHALL |
NAMIBIA / LIBERATION GROUP
namibia.jpg

1977
Matrix / CN 3476
Label / FORWARD
Producer / COXSONE DODD

CEDRICK BROOKSとCOXSONE共作。強烈なシンバルから始まる激渋ステッパー・ルーツ。テンポよく叩かれるリムショットと曲の渋さを際立たせるホーンが最高です。同じ曲でWINRO盤もありますがどちらも中々見つからない代物です。


| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:NEVER TOO YOUNG TO LEARN / ROMAN STEWART
B:VERSION / GLEN BROWN
never-too-young-too-learn.jpg

1972
Matrix / DSR GB 7371
Label / PANTOMINE
Producer / GLEN BROWN

イントロのキーボードとベースラインが渋すぎます。そしてROMAN STEWARTの歌声にも痺れるKiller Roots.この曲はMEDETATING OF OWN WAY / GLEN BROWNというホーン・カットと、DOUBLE ATTACK,OPPORTUNITY ROCK / BIG YOUTHというディージェイ・カットあるのですが、すべて最高。さすがのグレン・ブラウン。





MEDETATING OF OWN WAY - GLEN BROWN



DOUBLE ATTACK,OPPORTUNITY ROCK - BIG YOUTH



| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
DRUNKEN SAILOR / FREDDY McKAY
drunken-sailor.jpg

1972
Matrix / BA 370
Label / BANANA
Producer / COXSONE DODD

JA盤ではMONEY DISCからリリースの珍しい1曲。インパクトのあるイントロからFREDDY McKAYのヴォーカル、それに絡むボンゴかなり渋いです。通好みな1枚だと思います。85年にはSKY JUICEレーベルからセルフリメイクされており、こちらもいい感じに仕上がっています。それにしてもコクソンの72年はやっぱり名曲揃いです。


| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
←BACK 1/2 pages NEXT→
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2013 >>
スタミナレコード - スカ、ロックステディ、レゲエ、ルーツ、ラヴァーズ、ダンスホール