A:DREAM LAND / DELLA HUMPHREY
B:DREAM VERSION
dream-land.jpg

197?
Matrix / DSR CN 5513
Label / IRON SIDE
Producer / COXSONE DODD

みなさんご存知だとは思いますがオリジナルはウェイラーズでUPSETTERから71年にリリース。こちらのスタジオ・ワン・テイクはオリジナルにはないイントロのギターが痺れる素晴らしいフィメール・カヴァーです。この一枚は本当に見かけないレコードだったので手に入れた時は嬉しかったなぁ...



| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
TENEMENT YARD / JACOB MILLER
tenement-yard.jpg

1975
Matrix / PE 1001
Label / PENETRATE
Producer / ABC PRODUCTIONS

映画ロッカーズでもおなじみの名曲ですね。幼少時代の甘い声も良いですけど、ジェイコブはやっぱり成熟して脂の乗り切ったこの時期が一番魅力的だと思います。大柄な体から繰り出されるダイナミックなパフォーマンス、惜しくも交通事故で亡くなってしまったのですが、一度でもいいから彼のステージ観てみたかったです。



※Lyric
Right oh oh oh
Hear dem say ah ah ah
Dreadlocks can't live ina tenement

Dreadlocks can't live ina tenement yard
Dreadlocks can't live ina tenement yard
Too much su su su su su su, too much watchie watchie you
Too much su su su su su su, too much watchie what you are

Dreadlocks can't live ina tenement yard
Dreadlocks can't live ina tenement yard
Too much su su su su su su, too much watchie watchie you
Too much su su su su su su, too much watchie what you are

Dreadlocks can't live in privacy
Anything him do, old nigga see
Too much watchie watchie watchie, too much su su su su su
Too much watchie watchie watchie, too much su su su su su

Dreadlocks can't smoke him pipe in peace
Too much informers and too much beasts
Too much watchie watchie watchie, too much su su su su su
Too much watchie watchie watchie, too much su su su su su

Dreadlocks can't live ina tenement yard
Dreadlocks can't live ina tenement yard
Can't penetrate ina tenement yard
Can't penetrate ina tenement yard...


※リリック
いいか
あいつらが言ってることに耳をかたむけるんだ
ドレッドロックスは一緒には住めないんだ

ドレッドロックスは借地には住めないんだ
数え切れない程の密告者(ちくり)、数え切れない程の目が見張ってるんだ

ドレッドロックスは平穏には住めないんだ
何をやるにしても小うるさい年寄りどもが見張ってるんだ
数え切れない程の密告者(ちくり)、数え切れない程の目が見張ってるんだ

ドレッドロックスは落ち着いてガンジャを吸う事もできないんだ
数え切れないほどの密告者(ちくり)や飢えた奴等が見張ってるんだ
数え切れない程の密告者(ちくり)、数え切れない程の目が見張ってるんだ

ドレッドロックスは借地には住めないんだ
借家に染まることなんてできないんだ...

(ここで言うTENEMENT YARDとは、当時の黒人やラスタファリアンが虐げられていた自由のないジャマイカのことであり、自分の国なのに自分達の思うようにはならない現状を借家、共同住宅という意味であるTENEMENT YARDという言葉を使って表現した歌だと推測してます。)
| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
BLESS YOU / HORACE ANDY
bless-you.jpg

1975
Matrix / BLEE 2714
Label / BAR BELL
Producer / BUNNY LEE

原曲は61年のTONY ORLANDO.ホレス・アンディのファルセットヴォイスとホーンアレンジがマッチし一層甘い仕上がりに、89年にもDIGITAL BからFAR EASTリディムで歌ってます。



BLESS YOU - TONY ORLANDO


| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:FUNKY NASSAU Part.1 / THE BEGINNING OF THE END
B:FUNKY NASSAU Part.2 / THE BEGINNING OF THE END
funky-nassau.jpg

1971
Matrix / ALSTON 21130
Label / ALSTON
Producer / THE BEGINNING OF THE END

バハマ出身のマニング兄弟によるファンク・バンド、THE BEGINNING OF THE ENDの71年傑作で、ラテン・フレーヴァー漂うレア・グルーヴ・クラシックです。中盤のベース・ソロに、ガチ上がるホーン・セクションが最高!すべての攻める楽器と熱いヴォーカルが一体となった激熱ファンク!裏面にはドラム・ブレイクから始まるインスト・バージョンを収録。レゲエ・スカのリスナーにも是非聞いてもらいたい名曲です。



| CATEGORY : OTHERS |
THE FIRST CUT IS THE DEEPEST / NORMA FRAZER
first-cut-is-the-deepest.jpg

1967
Matrix / CSMX 5027
Label / COXSONE
Producer / COXSONE DODD

言わずと知れたロックステディ名盤ですね。原曲は67年にイギリスのキャット・スティーヴンスによってつくられ、ノーマがロックステディとしてカヴァーしました。オリジナルのジャマイカプレスにはヒスノイズが入るのでこちらのUK盤がおススメです。



※Lyric
I would have given you all of my heart
But there's someone who's torn it apart
And he's taking almost all that I've got
And if you want, I'll try to love again
Baby you can't love a key without love
The first cut is the deepest
The first cut is the deepest

But when it comes to being lucky people
When it comes to love and need people
So when it comes to being lucky people
That's how I know
The first cut is the deepest
The first cut is the deepest

Just to hold you by my side
Just to help me dry the tears that I'll cry
And I'm sure I'll give you a try
And if you want, I'll try to love again
Baby you can't love a key without love
The first cut is the deepest
The first cut is the deepest

But when it comes to being lucky people
When it comes to love and need people
When it comes to being lucky people
That's how I know
The first cut is the deepest
The first cut is the deepest...


※リリック
私はあなたに全てを捧げようとしたのよ
でも何かがそれを引き裂いてしまったの
そして私のほとんど全てを奪っていったわ
でもあなたが望むなら、私はもう一度あなたを愛そうとするわ
愛しいあなた、愛なしでは人を愛すことなんてできないのよ
初めての失恋ってものすごく辛いのよ

でも人が幸せになるときって
人が愛を必要としてるときって
人が幸せになるときって
それが私の知ってるやり方
初めての失恋ってものすごく辛いのよ

ただあなたが私のそばにいてほしいだけ
ただ私が泣いちゃうときに涙を止める手助けをしてほしいだけ
あなたにチャンスをあげるのは確かなんだから
あなたが望むなら、私はもう一度あなたを愛そうとするわ
愛しいあなた、愛なしでは人を愛すことなんてできないのよ
初めての失恋ってものすごく辛いのよ

でも人が幸せになるときって
人が愛を必要としてるときって
人が幸せになるときって
それが私の知ってるやり方
初めての失恋ってものすごく辛いのよ...
| CATEGORY : SKA / ROCKSTEADY |
A:TO SURVIVE / W. BROWN
B:SURVIVAL (VER.) / DRUM BAGO & THE REBEL GROUP
to-survive.jpg.jpg

1976
Matrix / CN 3444
Label / LONDON RECORDS
Producer / COXSONE DODD

以前、紹介したLONDON RECORDレーベルのレア盤です。イントロのリズミカルなボンゴと渋いホーンが印象的なルーツ・チューン。特に裏面のダブは激渋です。珍しい70'sやカッコいいダブを探している人に薦めたい1枚です。



| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:THREE LITTLE BIRDS / BOB MARLEY & THE WAILERS
B:EVERY NEED GOT AN EGO TO FEED / BOB MARLEY & THE WAILERS
three-little-birds.jpg

1980
Matrix / WIP 6641
Label / ISLAND
Producer / BOB MARLEY & THE WAILERS

76年に二大政党の対立抗争に巻き込まれ狙撃されたボブが、77年にイギリスに亡命しロンドンでレコーディングしたアルバム 『EXODUS』に収録されたのが最初。それが80年にシングルカットされたのがこのレコード。いつ聞いてもポジティブにさせてくれます。





※Lyric
Don't worry about a thing
Cause every little thing gonna be all right
Singing Don't worry about a thing
Cause every little thing gonna be all right

Rise up this morning
Smiled with the rising sun
Three little birds
Pitch by my doorstep
Singing sweet songs
Of melodies pure and true,
Saying This is my message to you

Singing Don't worry about a thing
Cause every little thing gonna be all right
Singing Don't worry about a thing
Cause every little thing gonna be all right

Rise up this morning
Smiled with the rising sun
Three little birds
Pitch by my doorstep
Singing sweet songs
Of melodies pure and true
Saying This is my message to you ...


※リリック
心配しないで
全てうまくいくからさ
さあ歌おう、心配しないで
全てうまくいくからさ

朝起きて、昇る太陽に微笑んでたんだ
3羽の小鳥が玄関に飛び込んできて
曇りのないメロディーで素敵な歌を歌っているんだ
これがあなたへのメッセージだよと言いながら

心配しないで
全てうまくいくからさ
さあ歌おう、心配しないで
全てうまくいくからさ

朝起きて、昇る太陽に微笑んでたんだ
3羽の小鳥が玄関に飛び込んできて
曇りのないメロディーで素敵な歌を歌っているんだ
これがあなたへのメッセージだよと言いながら ...
| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:SHOCKER'S ROCK / TOMMY McCOOK, RICHARD ACE & THE SKATALITES & DISCO HIGHT
B:HOLIGAN / JOHN HOLT
shockers-rock.jpg

197?
Matrix / SO 100039
Label / STUDIO ONE
Producer / COXSONE DODD

キラースカの代名詞的存在ある『CLEOPATRA』(65年PORT O JAMレーベルからリリース)のディスコ・テイクです。とにかくキラー!!鬼気迫るものがあります。中盤くらいにRICHARD ACEのキーボード・ソロ・カットに接続するのですが、攻めるドラミングとキーボードの掛け合いのような展開がグレイト!接続部分がラフな感じですがご愛嬌ってことで。



| CATEGORY : SKA / ROCKSTEADY |
PUSH COME TO SHOVE / FREDDIE McGREGOR
push-come-to-shove.jpg

1986
Matrix / DSR 5947
Label / WEED BEAT
Producer / FREDDIE McGREGOR

レゲエ好きならイントロを聴いただけでそれとわかるFREDDIE McGREGORの代表曲。ゆったりとしたミディアムのトラックにフレディーの甘い歌声が織り成すハーモ二ーが絶妙ですね。



※Lyric
Tired of taking the blame
Might just well play the game
Sometimes it get me so unfair

I'm a longing to see you
I wanna know how you've been doing
Oh my young girl
I'm gonna catch this flight and when I reach my destination
I hope you to smiling longing to see me
I thought you'ld drop me a line just to say hello my dear I'm doing fine
Doesn't matter anyway now
Cause my love for you will never change
Tell me what you're doing right now cause
When push comes to shove
Everybody gonna put the blame
The blame on me
For loving you
For loving you
When, when, when push comes to shove
Everybody gonna put the blame
The blame on me
Oh See?

I had your number in my diary
But as soon as I get home
It has been changed
I'm not playing any games
I wanna know if what we have still remains the same
Tell me right now cause I wanna know if
When push comes to shove
Everybody gonna put the blame
The blame on me
I'm tired of taking the blame for loving you
When, when, when push comes to shove...


※リリック
責められるのはもううんざりさ
ただの遊びだったのかもしれない
時々不公平だと思ってしまうんだ

君と会えるのをずっと楽しみにしているんだ
君が元気にしているか知りたいんだ
俺の愛しい人よ
この飛行機に乗って君の元へ着いたとき、俺に会いたかったって笑顔でいてくれるといいな
久しぶりね、私は元気よって君は言うと思ってたんだ
でも今はそんなことはどうでもいいんだ
だって君への愛は一生変わらないんだから
ただ君が今何をしているかを教えてくれないか
もうあとがないんだ
みんなが俺を責めるんだ
まだ君を愛していることを
わかるかい?

俺の日記には君の番号が残ってるんだ
でも家に帰ったらそれは変わってしまってたよ
遊んでるわけじゃないんだ
俺たちがまだ変わらずにいるのかを知りたいんだ
だから今すぐに教えてくれないか
もうあとがないんだ
みんなが俺を責めるんだ
君を愛すことで責められるのはもううんざりさ
もうあとがないんだ...
| CATEGORY : DANCEHALL |
PRETTY LOOKS ISN'T ALL / CORNELL CAMPBELL
pretty-looks-isnt-all.jpg

1977
Matrix / SC 109
Label / STUDIO ONE
Producer / COXSONE DODD

オリジナルは同レーベルからヘプトーンズが72年リリース。こちらの盤はCORNELL CAMPBELLのカヴァーになります。勢いのあるディスコ・テイク・トラックにCORNELL CAMPBELLのファルセットボイスがよくハマッていて本当に気持ちいいです。60,70年代の名曲をディスコ・テイクでリメイクやカヴァーが沢山されていますが、特に良い曲だと思います。

| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
←BACK 1/2 pages NEXT→
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2013 >>
スタミナレコード - スカ、ロックステディ、レゲエ、ルーツ、ラヴァーズ、ダンスホール